花巻北上地協 2021春闘「地域討論集会」を開催

2021年3月9日

 連合花巻北上地域協議会(及川 巧 議長)は3月4日(木)日本現代詩歌文学館において、2021春季生活闘争「花巻北上地域討論集会」を開催しました。

及川議長あいさつ

及川議長あいさつ

 冒頭、及川議長あいさつでは「コロナに便乗した賃上げストップなどは絶対に許されるものではない。賃上げの流れを断固として貫いていこう」と、連合が2月5日に行った「闘争開始宣言2.5中央総決起集会」での神津里季生中央闘争委員長のあいさつを紹介、私を含めた連合組合員すべてがコロナ禍により、まともな組合運動を展開出来ないでいるが「運動の在り方を模索し続けなければならない」と決意を述べ、最後に東日本大震災の発生からまもなく10年、相次ぐ災害に対し、記憶から消し去ってはならないことを確認し「底上げ・底支え」「格差是正」「長時間労働撲滅」により「働くことを軸とする安心社会の実現をめざそう」とあいさつ。

 続いて、連合岩手佐々木正人副事務局長が春闘方針の説明を行ない、単組報告では電機連合ジャパンセミコンダクター労組とJP労組奥州花北支部から報告。

佐々木正人副事務局長 方針説明

佐々木正人副事務局長
方針説明

電機連合 ジャパンセミコンダクター労組報告

電機連合
ジャパンセミコンダクター労組報告

JP労組 奥州花北支部

JP労組
奥州花北支部報告

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルス感染症拡大により、集会への自粛する労組も有りましたが、加盟組合から約30名が参加し単組間の取り組み状況を共有しました。
 賃上げの流れを止めないためにも、組織された我々が要求実現に向け共に頑張り合うことを誓い終了しました。

地域討論集会で使用した春闘方針資料は以下を参照願います。
2021春闘方針(地域討論集会資料)