一関地協「2020新春旗開き」開催

2020年1月31日

連合一関地域協議会(伊藤光由議長)は、1月29日(水)市内「豊隆会館」で「2020年新春旗開き」を開催しました。

この日はあいにくの雨模様となりましたが、ご来賓、両磐地域の多くの職場から組合員約70人が参加し、今年一年間の飛躍を誓い合いました。

 

冒頭、主催者挨拶で昨年11月に議長に就任した伊藤議長(JEC連合)は、昨年の参議院議員・県知事・県議会議員選挙を振り返り、

「私たちの思いを推薦議員を通じて、県や国に力強く伝えてもらうことに意義がある」と述べるとともに、連合結成30周年を迎える決意を語りました。

多数の来賓を代表して、連合岩手・佐藤伸一事務局長、連合推薦議員・佐々木朋和県議会議員より挨拶を受け、

平和環境一関地区労働組合センター・大貫宏道議長の発声で乾杯しました。

その後、恒例の「大抽選会」、伊藤議長との「じゃんけん大会」で会場は大いに盛り上がりを見せ、終始笑顔で閉会となりました。

また会場では毎年恒例の「愛のカンパ」も行い、12,002円のカンパを集約しました。連合岩手の台風19号被災者支援カンパに送金します。

 

HP1

岩手日日新聞掲載(1/31朝刊)

HP2

今期就任した伊藤議長

HP4

来賓を代表して連合岩手・佐藤事務局長