台風19号 独自に災害ボランティアを派遣

2019年11月15日

台風災害により、被災されたみなさまへ心よりお見舞い申し上げます。

 連合岩手では2019年台風19号により被災された岩手県沿岸部(久慈市・宮古市・釜石市)の災害ボランティア活動を行ってまいりました。連合岩手に加盟する多くの産業別労働組合の組合員のみなさまにご協力を頂き、5日間で述べ102名の方々がボランティア活動に参加し、被災地域の復旧に寄与することが出来ました。またこの他、産業別労働組合ごとでも、それぞれ被災地支援の為のボランティア活動を行っております。

 連合岩手では、東日本大震災・2016年台風10号豪雨災害等、今までも被災地域へのボランティア活動を行ってまいりました。今般のボランティア活動についても、今まで取り組んできた経験を活かしながら活動に取り組めたものと存じます。これからも、各自治体等と連携を図りながら、自然災害に対する人的派遣の対応や、心のケア等が継続されるよう、被災地支援の活動に取り組んでまいります。

活動名目:台風19号被災地へのボランティア

活動日数:5日間

参加者延べ人数:102名

※各日の活動記録※

10/30(水)

11/1(金)

11/5(火)

11/7(木)

11/8(金)

宮古市

釜石市

久慈市

宮古市

久慈市

釜石市

5名

29名

12名

13名

15名

28名

10.30宮古市-家屋前の土砂崩れ撤去

10.30宮古市-家屋前の土砂崩れ撤去

10.30宮古市-一軒分の泥出し量

10.30宮古市-一軒分の泥出し量

11.1釜石-ボランティアセンターにて

11.1釜石-ボランティアセンターにて

11.8釜石市ー砂利撤去

11.1釜石-ボランティアセンターにて

11.5久慈市ー屋内の泥出し

11.5久慈市-浸水した家屋内

11.5久慈市-浸水した家屋内