釜石・遠野地協 「最賃周知キャンペーン」を実施

2019年10月8日

 2019年10月4日から岩手県の地域別最低賃金が改定されたことを受けて連合岩手は最低賃金改定の周知と最低賃金を下回る最賃違反一掃のキャンペーンを全県で展開しています。

 釜石・遠野地協も連合岩手の提起を受け、10月7日(月)に街宣行動を行い、遠野市「キクコーストア」駐車場をお借りして街頭宣伝とチラシ・ポケットティッシュの配布を行いました。

 街頭宣伝では、釜石・遠野地協の大槻事務局長から、最低賃金が790円(時間給)に改定されたこと、改定後も連合が算定した最低限の生活を営むのに必要な賃金水準「リビングウェイジ」からは大きく下回っていること、最低賃金を下回る賃金は法律違反であること、首都圏や隣県の宮城県との格差縮小が大きな課題であることなどを訴えました。

 また、最低賃金違反やセクハラ・パワハラ、長時間労働などの労働問題があれば気軽に連合岩手の「なんでも相談ダイヤル」に相談してほしいと訴えました。

街宣で最低賃金改定と最賃違反一掃を訴える

遠野市「キクコーストア」駐車場をお借りしてで最低賃金改定を街宣