連合岩手2016新春旗開きを盛大に開催

2016年2月5日

 鏡開きあいさつ

 連合岩手は盛岡中央地協と共催で、2016年1月6日(水)午後3時から、盛岡市「ホテルメトロポリタンニューウィング」において「2016新春旗開き」を開催しました。

 旗開きには、多数の来賓の方々、構成組織、地域協議会、高齢者・退職者連合などから約500名が出席し、盛大に2016年の幕開けを祝いました。

 冒頭、豊巻会長が、「すべての働く者の処遇改善、働くことを軸とする安心社会の実現に向け力をあわせよう」とあいさつ、連合運動への結集を呼びかけるとともに、運動展開への決意を述べました。

 引き続き、多数のご来賓を代表して岩手労働局・久古谷敏行局長、岩手県・達増拓也知事、盛岡市・谷藤裕明市長からごあいさつをいただいた後、豊巻会長、盛岡中央地協・高橋議長とご来賓、顧問の方々による鏡開きを行い、東北労働金庫・砂金文昭本部長のご発声で乾杯しました。

 さらに来賓の皆様をご紹介し、とりわけ昨年9月の県議選で見事当選された組織内・推薦県議会議員の皆様に大きな拍手が送られました。 

 その後、各事業団体と連合岩手からの提供景品による「お年玉抽選会」で盛り上がるとともに、懇親を深め合いました。

 最後に、盛岡中央地協・高橋議長が団結ガンバローで締めくくり、暴走する安倍政権にストップをかけるために参院選闘争ですべての推薦候補の勝利を勝ち取るとともに、春季生活闘争をはじめとする2016年の諸闘争をたたかい抜く決意を出席者全員で固めあいました。