連合「2017平和行動in根室」 「次世代への継承」と粘り強い運動展開を誓いあう

2017年9月14日

 2017年9月9日~10日に開催された連合「2017平和行動in根室」に連合岩手から5名が参加した。
 北海道立北方四島交流センターで開催された北方四島学習会(9日)では、映画「ジョバンニの島」(105分)を鑑賞後、参加者は、①日ロ共同経済活動の展望について、②北方四島の今を知ろう、③根室西高校 北方領土研究会からの報告、④北方四島の自然と諸課題の各セミナーに分かれて参加し、北方四島返還に係る運動の現状と課題に理解を深めた。
 小雨と風が吹く中、納沙布岬・望郷の岬公園で開催された2017平和ノサップ集会(10日)では、神津連合会長から国際情勢や日本人が暮らしていた証を残していくなど、連合の取り組み報告があり「皆さんが感じたことを職場の中で展開していただきたい、将来の道は必ず開ける」と挨拶があった。来賓挨拶や元島民の訴えなどを受けて「北方四島の早期返還と日ロ平和条約の締結による真の友好関係の構築に向けて粘り強く運動を展開することを誓う」集会アピールを採択した。
 連合は、戦後70年を迎えた2015年の平和行動から、「次世代への継承」をスローガンに掲げ、元島民の皆さんの平均年齢が80歳を超えていることもあり、その思いと今後の運動を次世代へ継承することが急務となっている。
 ※スナップ写真は以下のとおり。

IMG_4401IMG_4394IMG_4388IMG_4411IMG_4391IMG_4395

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4439 IMG_4477 IMG_4475 IMG_4463 IMG_4456 IMG_4446 IMG_4427 IMG_4495