「2018政策・制度要求と提言」に向け「政策・制度学習会」を開催

2017年6月20日

 連合岩手は「2018政策・制度要求と提言」の取り組みとして、連合本部が策定した「連合の政策・制度実現 地方のてびき」の学習会を6月16日(金)に盛岡市「LIRIO」で開催、連合岩手の構成組織・地協の政策担当者や推薦議員、退職者連合など約50名が参加しました。

 学習会では、連合本部・平川則男総合政策局長と重富健太郎生活福祉局部長から「社会保障政策」「地域医療の動向」「介護保険制度」「生活困窮者自立支援制度」「子ども・子育て政策」について連合の考え方について説明していただきました。

 連合岩手は、今後、岩手県への「2018政策・制度要求と提言」に向けて構成組織・地協や退職者連合から課題・提言を集約するとともに、推薦議員の皆さんとの意見交換を進めていきます。

 また各地協においても市町村への「2018政策・制度要求と提言」に向けた取り組みを進めていきます。

連合の考え方を説明する平川則男総合政策局長

連合の考え方を説明する平川則男総合政策局長