連合岩手「2017新春旗開き」で躍進を誓い合う

2017年1月25日

   連合岩手は盛岡中央地協と共催で、2017年1月6日(金)午後3時から、盛岡市「ホテルメトロポリタン本館」において「2017新春旗開き」を開催しました。

 旗開きには、多数の来賓の方々、構成組織、地域協議会、岩手県退職者連合などから約500名が出席、盛大に2017年の幕開けを祝いました。

 冒頭、齋藤会長が、「一強多弱を打ち破り、働くことを軸とする安心社会への新しい流れを実現させよう」とあいさつ、連合岩手への一層の支援をお願いするとともに、2017年の様々な取り組み強化に向け、発信力の強化と運動展開への決意を述べました。

 引き続き、岩手労働局・久古谷局長、岩手県・達増知事、盛岡市・谷藤市長からごあいさつをいただいた後、齋藤会長、盛岡中央地協・高橋議長やご来賓、顧問の方々による鏡開き、全労済岩手県本部・来内本部長のご発声による乾杯を行いました。 

 来賓の皆様をご紹介した後、来る衆院選に推薦決定した黄川田徹さん(3区・民進・現)、階猛さん(1区・民進・現)、畑浩治さん(2区・民進・元)に推薦状を交付し、決意表明をいただきました。 

 その後、青年委員会の進行による各事業団体と連合岩手からの提供景品の「お年玉抽選会」で盛り上がるとともに、懇親を深め合いました。

 

齋藤会長や来賓の方々による鏡開き

齋藤会長や来賓の方々による鏡開き

最後に、盛岡中央地協・高橋議長が団結ガンバローで締めくくり、出席者全員で、春季生活闘争をはじめとする2017年の諸闘争に勝利するとともに、衆院選での「一強多弱」打破に向けた取り組み強化と東日本大震災と台風10号被害からの復旧・復興に全力で支援する決意を固めあいました。

旗開きであいさつする齋藤会長

旗開きであいさつする齋藤会長

盛岡中央地協・高橋議長の力強いガンバローで意思統一

盛岡中央地協・高橋議長の力強いガンバローで意思統一