「連合岩手と岩手大学との提携講座」第6回講座 「政策・制度実現のとりくみ」を大槻副事務局長が講義

2016年5月27日

 「2016年度連合岩手と岩手大学との提携講座」第6回講座は、2016年5月23日に行われ、「政策・制度実現のとりくみ」をテーマに大槻副事務局長が講義を行いました。

 講義では、「働くこと・生きること」「政策・制度」との関わりについて、あるいは「なぜ労働組合が政策・制度実現に取り組むのか」について実例を交えながら説明し、あわせて連合の取り組みについても説明しました。

 今回の講座は、「奨学金制度」など大学生にとっても身近なところに「政策・制度実現のとりくみ」があったことを理解していただき、「連合が自分たちの味方というイメージを持った」「政策面で、連合の負うミッションは大きい。その役割に注目し、協力していきたい。」などの感想も寄せられました。

 第7回講座は5月30日に「公務労働者の現状と課題」をテーマに行われ、連合岩手の澤瀬清巳執行委員(岩手高教組執行委員長)が講義を行います。