メーデー中央大会(東京・代々木公園)で宮古地協・花輪議長が被災地からアピール

2016年5月11日

DSCN0975

 2016年4月29日(金)東京・代々木公園で行われた「第87回メーデー中央大会」で連合岩手宮古地域協議会の花輪政文議長が「東日本大震災被災地からのアピール」を行いました。

 アピールは東日本大震災以降、メーデー中央大会で連合岩手、連合宮城、連合福島の被災三県の地方連合会が持ち回りで行っているもので、昨年の連合宮城に続き、今年は連合岩手が被災地の現状を訴えました。

 花輪議長は、岩手の復興状況を報告するとともに、「熊本県を中心とする九州地震」の被災地への支援を改めて呼びかけ、連合岩手もその先頭にたって支援を行っていく決意を表明しました。

 

(写真:アピールする花輪議長。左に神津会長、川本会長代行)