「2016春季生活闘争に関わる各団体要請行動」で岩手県商工会連合会と岩手県中小企業団体中央会に申入れ書を提出

2016年3月10日

 連合岩手は「2016春季生活闘争に関わる各団体要請行動」に取り組んでいます。すでに、3月2日(水)には岩手県経営者協会(ホームページに掲載済)、3月3日(木)には岩手県商工会連合会(髙橋富一会長)に連合岩手から豊巻会長、石川副会長、八幡事務局長、原副事務局長が要請を行いました。

 3月10日(木)には岩手県中小企業団体中央会(谷村久興会長)に要請行動を実施しました。

 岩手県中小企業団体中央会では、連合岩手・豊巻会長から岩手県中小企業団体中央会の千葉勇人専務理事に申入れ書を手渡し、「中小企業で働く労働者の賃金底上げ・格差是正に連合岩手と岩手県中小企業団体中央会と一体となって取り組みたい」と要請しました。

 続いて八幡事務局長から申入れ書の概要を説明し、その後、国から001委託を受けている「ものづくり補助金」の活用や岩手県が取り組んでいる「就職活動サポート」の推進などについて意見交換を行いました。

 3月14日(月)にも岩手労働局、岩手県商工会議所連合会への要請行動を予定しています。

(写真は、岩手県中小企業団体中央会・千葉専務理事に申入れ書を手渡す豊巻会長)